見えないからって油断は大敵

トイレの便座、普段から見える部分はカバーやシートで覆っているので、汚れにくいものという印象がありますが、実は上げてみるとあまりの汚れにビックリしてしまう部分なのです。
トイレの掃除の時にキチンとこまめに汚れを落としておかないと、気づいた時には目を覆いたくなるような現実が待っているかもしれませんよ。

souji_yukasouji

便座って何が原因で汚れるの?

では、便座は一体何が原因で汚れるのでしょうか。その原因は排泄物にあり、トイレを実際使用する際に汚れてしまうのです。
座って排泄をすると、排泄物が水に落ちる際やその周りに当たった際に、飛び跳ねて便座の裏についてしまうのです。
主に、尿酸やリン酸、アンモニアなどが便座裏の黄色い汚れのもととなっています。
トイレの掃除をする際に毎回拭くなどの掃除をしていれば、頑固な汚れになることはありませんが、女性は特に便座を上げる習慣がないので、忘れてしまいがちになる場所です。
放っておくと、汚れがしみ込んでしまい掃除をしても、黄色い色が落ちずについたままになってしまったり、トイレの悪臭の原因となってしまう可能性があります。

こまめな拭き掃除で裏もピカピカ

掃除方法としては、トイレ用の市販の中性洗剤を使用して、便座の表面や裏面を拭き、後は水拭きをするだけで簡単にキレイになります。
ただし、実際こまめに行っていて、汚れが軽い状態での方法となります。
しばらく掃除をしていない、汚れに気づかずに放置してしまった場合には、汚れがこびり付いている可能性がありますので、道具を変更して行わなければなりません。
便座自体はつけ置きなどは出来ませんので、ティッシュなどのペーパー類と塩素系の漂白剤を準備します。
ペーパーをあてて漂白剤をスプレーなどで吹き付け、しばらく置いてから拭き取ると、キレイになります。
しかし、かなり長い間放置してあった汚れは一度で全て落ちない場合もありますので、何度か繰り返す必要があります。

トイレ汚れに万能の魔法の洗剤でお掃除

掃除はその状況に合った洗剤を使う事で、キレイにすることは出来ますが、子供のいる家庭では誤って飲んでしまったらどうしようなどと少し心配になりますね。
そんな時に使用したいのが、クエン酸を水に溶かしたクエン酸水です。
塩素系はどうしても掃除後に独特の臭いが気になりますが、こちらは気にならず消臭効果もしっかり持っています。
お得なポイントとしては、安く購入できること、臭いが気にならないこと、そして便座の掃除だけでなく、トイレ全体に使用出来るといった便利さです。
アンモニアなどの汚れはアルカリ成分で出来ていますので、酸性であるクエン酸で掃除することで効果が抜群になります。
手軽な値段で試せるので、一度使用してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください