半身浴を楽しく過ごすために

体に良いと言われている半身浴ですが、長い時間お風呂にいるのは、なかなか大変です。
お風呂で楽しめ、湿気対策も含めた半身浴にピッタリなことを紹介したいと思います。
バスタイムを有意義に過ごしながら、体も健康になりましょう。

hanshinyoku

雑誌や本をお風呂で楽しもう

バスタイムを有効活用するのに一番手軽なのが、雑誌や本を読みながらでの半身浴です。
濡れてしまうのではないかと心配になると思いますが、防水ブックカバーやブックスタンドなどを活用すると濡れる心配がありません。
半身浴は胸下ラインにまでお湯を張るのが、心臓への負担も少なく良いとされています。
寒く感じる場合は、タオルを肩にかけると良いでしょう。
お湯が少なくて済むのでエコに繋がりますが、お風呂の断熱対策がきちんとされていないと、お湯の温度がどんどん下がってしまいます。
浴槽だけでなく、お風呂全体の断熱改修のリフォームを行うと、お湯の温度が下がるのを防ぐだけでなく、浴室全体の保温効果も得られるため、冬場などでも快適に半身浴が楽しめます。

携帯をお風呂で使いたいときには

携帯は防水加工がされているものもありますが、水没させてしまうのが不安で、なかなかバスタイム中には使えません。
しかし、半身浴中は暇になりやすいので、できればお風呂の中で使いたいですよね。
そんなときは、タブレット防水ケースを使用すると良いでしょう。
タッチパネルの操作も可能です。
また、お風呂のふたを半分ほど閉めて、その上にタオルと携帯を置くと、手に持っているよりも水没させてしまう危険を少なくできます。
半身浴では、長い時間お風呂で過ごすことになりますが、注意したいのがカビです。
お風呂場にカビが生えていると、アレルギーや気管支炎などに影響が出ます。
カビの原因は湿気なので、浴室乾燥機などを設置すれば、簡単にカビ予防ができますし、雨の日の洗濯物を干す最適な空間にもなります。

マッサージをしながら、もっと綺麗になろう

半身浴中の血流がよくなっているときにマッサージを行うと、老廃物をしっかりと流せ、むくみを取ることができます。
水分補給をしっかりとしながらマッサージを行いましょう。
冷え性や美肌効果も期待できます。質のよい睡眠をとることが出来るようになるとも言われています。
バスタイム中は、ただ体を綺麗にするだけではなく、リラックスするのにも最適です。ストレスを溜め込むばかりでは、健康にも影響が出るため、副交感神経を刺激してリラックスする時間は、体のためにもとても大切です。
入浴するときに、全体の明るさを抑え低い位置に照明があると、落ち着いた雰囲気になりリラックス効果が高まります。
照明の明るさを調節出来るものにすると、毎日のお風呂がくつろぎを与える空間になりますよ

お気軽にお問い合わせください