家の中の水回りの怖~いカビ!4種について

家の中にはカビが潜んでいます。
特に水回りに多く潜んでおり、目に見えないので怖いですよね。
衛生的によくないので怖さを知ってもらいたいです。

そこで今回は家の中に潜む水回りのカビについて紹介していきたいと思います

image-0001 (7)

カビには発がん性も?人体に影響を及ぼすカビ

カビには種類があります。
酵母、ウイルスなどと同じ微生物の仲間です。

特に水回りは目につきやすく、見た目も悪いですよね。
やはり家の中の水回りは綺麗にしたいもんです。
臭いまで発生してしまう恐れがあるのでこまめにお手入れをしましょう。

カビは人体に影響を及ぼします。
アレルギーの原因となることがあり、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息などを引き起こしてしまう恐れがあります。

それだけではなく恐ろしいのがカビには発がん性があります
肝臓や腎臓にも影響を及ぼすので注意が必要です。

そして肌にも影響があります。
ニキビの原因となってしまうこともあります。

このように日常に潜むカビでも私たち人体に大きく関わってくるということなのです。

カビの発生場所とは?

たくさんの種類がありますが、その中でも水回りに多いのが黒カビです。
黒カビはやはり浴室などに多く見かけます。
目に見えない細菌はとても怖いものですが増やさないこととこまめに掃除をすることで増減することができます
乾燥に弱いので、浴室などはしっかりと湿気をとり、人体に影響を及ぼすことがあるのでしっかりと取り除くのとが大切です。
カビが発生しやすいのは20~30℃です。
低温でも発生するので注意が必要です。

そして空気中の湿度が高いほど、発生しやすいので浴室乾燥はしっかりすることが大切です。

浴室だけではなくキッチンの水回りにもにも発生します。
洗い物のスポンジはよく水分を切って台布巾なども濡れたまま放置するとカビが発生するのでしっかりと水気を切りましょう。

水回りは清潔に!カビ0へ!

やはりカビは体に悪いというのとなので快適に過ごすためには普段から掃除をするなどをなど意識をし、アレルギーやガンにならないようにしっかりと水回りを意識して綺麗にすることが大切だと言えます。
普段から使う水回りには多くのカビが潜む危険はありますが、お手入れ次第で0へすることができるので、そうしたいものですよね。

黒カビだけではないのですがやはり多いのは黒カビです。
しっかりと取り除き快適に過ごすためにも掃除をしっかりとしましょう。
湿度が栄養となりどんどん繁殖していくものなのでそれを防ぐためにも、水気を切ること

そして浴室は使ったらしっかりと浴室乾燥機を使うこと

普段少し意識するだけでも防ぐことができるので今から始めてみてはいかがですか?

お気軽にお問い合わせください