もう水垢にはうんざり!水垢が付きにくく、掃除が楽な浴槽をご紹介

image-0001 (3)

白くごびり付いた水垢にはうんざりしている方も多いでしょう。
この汚れはお風呂の汚れとしては最も多く、一度付くと、掃除をしてもなかなか落ちず、掃除に苦戦している方も多いはずです。

そこで、今回は水垢が付きにくく、掃除が楽になる浴槽を紹介します

水垢の正体は?なぜ落ちにくいの?

水垢の正体は、水道水に含まれるカルシウムやナトリウムなどの金属イオンです。
これらの金属成分は、水分だけが蒸発して残ってしまいます。
残った金属成分は、どんどん蓄積し、白く固着してしまうのです。

また、浴室で使うシャンプーや石鹸成分も水分が蒸発すると残ってしまい、白く固まってしまうのです。
これらの汚れは付いてからすぐに落とせば落ちやすいのですが、浴槽・浴室の水分を毎日ふき取ったり、掃除をするわけにはいきませんから、どうしても水垢は蓄積し、落ちにくくなってしまいます。

そして時間が経つとますます落ちにくくなってしまいます。
水垢が落ちにくい理由は、浴槽・浴室の表面の状態にもあります。
掃除、使用を繰り返していくうちに浴槽・浴室の表面は傷つき、凹凸ができます。

この凹凸に水垢が溜まりやすくなり、深く入り込んでしまうため落ちにくいのです。

水垢が付きにくい浴槽とは?

水垢が付いているお風呂は見た目も不快ですし、掃除も苦労します。
ここからは、「水垢が付きにくい浴槽」とはどのようなものなのかを紹介します。

一般的な浴槽は、FRPという樹脂でできています。
この材質の浴槽は、使い続けているうちに表面に傷(凹凸)ができ、汚れが付きやすくなるのです。

一方、「水垢が付きにくい浴槽」は、人工大理石でできています。
この材質の浴槽は、FRPのものに比べると2倍以上の硬度があると言われています。

そのため、表面には傷が付きにくく、汚れも付きにくいのです。

また、浴槽材料に撥水・撥油成分を配合したものもあり、表面に水分が溜まりにくくなることで汚れを付きにくくしているものもあります。

実際に、我が家では人工大理石の浴槽を数年間使用していますが、あの白い水垢はありません。
そのおかげで、掃除が楽になりました。

毎日のお風呂だからこそ、気持ちよく清潔に

毎日使うお風呂だからこそ、気持ちよく使いたいですし、掃除も楽にできて清潔感を保ちたいものですよね。
今回紹介した「水垢が付きにくい浴槽」は、このような願いを叶えてくれるはずです。

現在、水垢で悩んだり、掃除に苦戦している方も一度「水垢が付きにくい浴槽」を体験すれば、きっと魅力を感じられるでしょう。
このような浴槽では汚れが見えないので、気持ちよく入浴ができますし、お風呂掃除も柔らかいスポンジで軽くこするだけで済むので、今まで苦労していたお風呂掃除も楽になりますよ。

もし、水垢を「落とす」から「付けない」という考えをお持ちになった場合は、ぜひこのような浴槽へのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか

お気軽にお問い合わせください