風水を活用して快適に暮らそう

家を建てるときには、風水を気にするでしょうか。
間取りやトイレの位置などを工夫することで、運気が上昇するなどのメリットがあると言われています。
間取りが風水的にも良くない場合、けがをしたり良くないことが起こる可能性があります。

0001 (2)

風水の効果や仕組みは

家を建てるとき、いちばん始めに考えるのが住みやすさではないでしょうか。
キッチンとリビングを隣り合わせにしたり、住みやすさを求めるときりがありません。

しかし、間取りと同じくらい重要なのが風水です。
風水では、方角ごとにどういう間取りが良いのかが決められており、それに従って間取りを決めれば、運気も上昇するでしょう。

しかし、例えば鬼門と呼ばれる方角にトイレなどを作ってしまうと、運気が下がり、病気になったりすると言われています。

そのため、縁起の悪い方角は避けるべきであると言っても過言ではありません。
住みやすさで間取りを選んでも良いですが、長い目で見ると風水も考慮しておいた方が良いでしょう。

風水には、気分を落ち着かせる効果もあると言われています。

風水における家具の位置や並べ方

風水を活用していく中で、部屋にどのような家具を設置するかも非常に重要です。
家具と言っても様々なものがありますが、例えば観葉植物であれば、リビングに置いたほうが良いと言われています。

また、部屋の壁紙と同じ色をそろえたり、家具の色にも位置にも均一感を出すことが大事でしょう。
家具の色に関しては、黒一色などは避けるべきであると言われています。
間取りにもよりますが、風水において、ものの設置場所は基本的に自由です。

ただし、部屋の空間を、エネルギーが通りやすくするためには、できるだけ部屋の中にあるものの数を減らして、スタイリッシュな部屋を演出すると良いでしょう。
部屋の中から、余分なものをなくしていくことも必要です。

家における風水と快適さ

部屋を作る際には、間取りを一番気にしなければなりません。
そのとき、少しでも風水を取り入れてみることで、より快適な生活を手に入れられるでしょう。
風水において、家具の配置は非常に重要です。

例えば、玄関であれば、鏡を設置してはいけないなどと言われています。

これは、特定のものを置くことによって、運気が下がってしまうと考えられていることが理由です。
家の間取りごとに置いてはいけない家具を覚えておくと良いでしょう。
風水を家の間取りに取り入れることで、気分的にも運気が上昇していくと言っても過言ではありません。

次に、部屋の方角なども考慮すべきでしょう。
北東の方角や鬼門などの方角を避けなければなりません。

万が一家を建てている場合には、リフォームも検討してみましょう。

お気軽にお問い合わせください