リフォーム業者を選ぶときにするべきこと、見るべきポイントとは

リフォームを検討する時、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼することが大切だと言われています。
でも、どういった基準で選べばいいのか、何をすればよい業者を選べるのか、といった疑問は尽きません。
今回は、もう一歩踏み込んだリフォーム業者の違いと選び方について、ご説明します。

AB141AAV-PA0010046

 

リフォームに対する要望を全てぶつけることが、始めの一歩です

リフォームの見積もりを頼む時は、まず自分たちの要望を全て伝えましょう。
もしかしたら実現できないかもしれない、高額になってしまうかもしれない、といった不安も多いと思いますが、検討の果てに諦めるよりも、後々になって言い出さなかったことに対する後悔の方が、尾を引いてしまいがちです。
また、要望を詰め込むことが、業者の専門知識の有無をはかる指針となります。
というのも、設計士や大工の腕前によって要望に対する反応が全く違うことがあるからです。
アイデアをいかにして形にするか、更にはできる限り高額にしない努力ができるかは、業者の質に左右されます。
専門家に笑われてしまうかもしれないから、夢のようなアイデアを言いづらい、などと思っていけません。
優れた設備や建材も沢山ありますので、専門の技術があれば容易に実現することもあるのです。

 

リフォームは企業よりも担当営業の質で決まります

リフォームの難しいところは、リフォーム業者全体における分野の得意・不得意の差があるだけでなく、実際に担当する営業や施工業者の経験や知識の差によって、結果が左右されるためです。
例えば、どれだけ優れた工事担当者がいても、優れているからこそ別の仕事が入っていることも多くなり、自分たちのリフォームを担当してくれない可能性も高くなります。
最終的にポイントとなってくるのは、先にも述べた通り実際にやり取りをする担当者の実力です。
施主の気持ちや要望を素早く汲み取って、実現する方法をいくつも提案できる知識量と、いくつもの案件を担当してきた経験者であれば、安心して任せることができます。
特に、現場の工事業者はどんな人材が来るか不鮮明になりますので、そこを差配する営業担当者に、結果の良し悪しがかかってくるのです。
このため、小さな疑問や要望でも隠すことなく伝え、その受け答えを通じて判断する必要があります。

 

マンションや一戸建ての全面リフォームの場合は、目の届かない部分にも気を付けましょう

小さなリフォームではなく、一戸建てやマンションの全面リフォームを検討するご家庭も多いでしょう。
これは、新築を購入する、あるいは建築するよりも、費用の面で安く抑えられる傾向にあるからです。
とはいえ、水回りなどの小さな工事に比べれば高額になりますので、より業者の選定を慎重にすべきです。
まず、業者の得意・不得意の分野は、施工実績などを比較すると顕著に現れています。
建物の築年数や坪数が同等程度のものを、どれだけ手掛けているかどうかといった点がチェックポイントとなります。
内装・外装の全体の雰囲気の好みも大切です。
また耐震補強など、目に見えない部分の改修を行う場合は、特にそういった工事に力を入れている業者を探しましょう。
仮にその分野が不得意な業者だった場合、業者側から積極的にそういった提案をしないことが多いので、自分から進んで質問してみることがおすすめです。

お気軽にお問い合わせください