突然の故障!トイレ修理ってどこに頼めばいいの!?

トイレは人が生きていくために必要不可欠なもの。
それだけに、突然の故障には慌ててしまいますね。
1日たりとも使わないわけにはいかないのがトイレですから、できるだけ迅速に修理したいものですが、いったいどこに頼めばいいのでしょうか。
トイレ修理に関して普段から準備しておくという人もなかなかいないのでは?

そこで皆さんはトイレが故障したときどこに連絡しているのか、アンケートで実態を調査してみました。

【質問】 今までトイレが故障した時、どこに連絡しましたか?

1

【回答数】

メーカー:17
修理業者:41
マンションのサポート窓口:24
自分で修理した:11
身内に修理してもらった:7

あまたある専門業者はどうやって選ぶ?

アンケートでは「修理業者」という回答が41パーセントでダントツのトップとなりました。

  • トイレを詰まらせて、修理業者に連絡したら、直ぐに来てくれたが、大した技術はなく、高額だった。(30代/女性/専業主婦)
  • 公共住宅に住んでいるから、指定の業者を呼んで、無料でしてもらえました。電話1本ですぐ来てもらえました。(60代/女性/パートアルバイト)
  • ネットで検索してCMなどでよく聞く業者で対応も早くすぐ来てくれましたが料金がやはり高かったです(40代/女性/専業主婦)
  • 自宅のポストに修理業者のステッカーがポスティングされており、常に冷蔵庫に貼っていたため、その修理業者に連絡をしました。(20代/女性/会社員)

とにかく一刻も早く直したい!と焦ることもあり、あまり吟味に時間をかけられないのがトイレ修理です。
公共住宅などのように業者が指定されている場合はよいのですが、自分で選ぶとなると当たりはずれも心配でなかなか大変。

ネットなら業者のWebサイトや口コミなどの豊富な情報を短時間で集めることができますが、実際フタを開けてみなければわからない部分もあります。

ポスティングされたチラシを取っておくなど、日頃から備えておくことも必要かもしれませんね。

管理会社やメーカーが頼りになります!自分で直す人も!?

2番目に多かった回答は「マンションのサポート窓口」、次いで「メーカー」「自分で修理した」「身内に修理してもらった」の順となっています。

  • 家の管理している会社に連絡して、修理業者に来てもらいました。(30代/男性/会社員)
  • シールにメーカーのお客様相談センターの番号が貼ってあったからそこに電話した。(30代/女性/専業主婦)
  • タンクのチェーンが切れてしまい、自分でホームセンターで部品を買って修理しました。(40代/男性/専業主夫)
  • 身内に詳しい者がいるので、だいたいのことは修理してもらっています。(20代/女性/学生)

マンションなどの場合は、トイレを含め設備の故障はすべて管理会社に連絡することになっているケースが多いため、自分で悩まなくて済むのは大きなメリットといえるでしょう。
一戸建ての場合、水廻りやガス器具などにはメーカーやガス会社の連絡先を記したステッカーが貼られていることが多く、これも助かりますよね。

メーカーなら製品に関してはすべての情報がそろっており信用度も高いので安心です。
故障の内容によっては、簡単なものなら自分で直してしまえば安く短時間で済みますね。

もしもの事態はいつでも起こりうる!日頃から備えを

トイレの故障というのは普段想定していない事態だけに、起こるときはいつも「突然」。
じっくりと業者を選ぶ時間もないため、対応が悪い、料金が高いなど不満の残る結果になるケースも多々あります。
設備というのは長く使っていれば劣化していくもの。

日頃からもしものときの連絡先や身内で頼れる人を確認しておく、決まった連絡先がない場合はある程度の情報を集めておくなどの備えをしておくと、いざというときにあわてなくて済むのはもちろん、嫌な思いをすることもありませんからぜひ心がけておきたいものですね。

今までトイレが故障した時、どこに連絡しましたか?

【メーカー】

  • そのメーカーに頼むのが一番信用できるし、確実だと思ったから。(20代/女性/学生)
  • 今までトイレが故障した時は、修理業者やメーカーに連絡しました。修理を頼んだ際には、どのような状況かを聞かれ、すぐに来てくれました。(30代/男性/会社員)
  • まずは建築したあるいはリフォームした建築業者に連絡して、そこから修理業者かメーカーに連絡が行って修理。場合によっては建築業者を通した方が料金が安くなるし、すぐに来てくれます。(30代/女性/会社員)
  • メーカーの保証期間内の故障であったため、かなり丁寧に対応してくれた(20代/男性/会社員)
  • ついこの前にトイレの便座のふたが自動で開かなかったので、まだ保証期間だったためメーカーに連絡しました。(30代/女性/会社員)
  • 最も専門知識があるはずだし、きちんと直さないと今後の生活に影響が出る(40代/男性/会社員)
  • とりあえず説明書を見てメーカーに問い合わせをしてみます。見積もりを聞いた上で他社と検討する。(30代/女性/専業主婦)
  • まずはメーカーのフリーダイヤルに電話しちゃうんじゃないのかな。(40代/女性/会社員)
  • 「担当のものに修理に行かせます」とのことでした。メーカーの修理担当の方がきました。(20代/女性/パートアルバイト)
  • トイレ本体に、メーカーのフリーダイヤルが書いてあったりしますから(40代/女性/会社員)
  • おおよその故障内容(たぶん○○が故障していると思います、ということ)と見積金額を教えてもらいました。(40代/女性/会社員)
  • すぐ家に来てくれて、故障箇所を見てくれました。対応がとても早くて助かりました。(20代/男性/学生)
  • ウォシュレットが機能しなくなって、メーカーに見に来てもらったところ、故障ではなく便座に座っている時の体重のかけ方が悪いと言われ、重心を左右均等にかけたところ、ウォシュレットが機能しはじめ驚いた。(40代/女性/専業主婦)
  • シールにメーカーのお客様相談センターの番号が貼ってあったからそこに電話した。(30代/女性/専業主婦)
  • どこの部分がどのように調子悪いかを確認した上で、適切に手配してくれました。(40代/女性/専業主婦)
  • 過去にトイレが故障してしまった時がありまして、その時は急いでメーカーさんに問い合わせて修理してもらいました。(40代/男性/無職)
  • 使用しているトイレメーカーのサポートセンターに連絡して修理して貰った。(40代/女性/専業主婦)

【修理業者】

  • 水が流れっぱなしになったので水道会社に電話して指示をもらった。すぐに直った。来てくれなくても電話だけですんでありがたい。(20代/女性/会社役員)
  • メーカーにクレームを入れてもしかたがないので修理業者を呼んだ(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 今までトイレが故障した時は、修理業者に連絡していました。 対応は普通な感じ。(30代/男性/パートアルバイト)
  • 専門の修理業者に依頼しました。やはり、プロに頼むのが一番です。(40代/女性/自由業フリーランス)
  • すぐ来てくれて、業者の対応も丁寧だったし、作業もスムーズで助かった。(20代/男性/会社員)
  • 電話口では愛想よく、修理は事務的にてきぱきと対応してもらえた。(50代/男性/自営業(個人事業主))
  • 最初は、自分で試してみたのですが、怖くなって慌ててタウンワークで調べて修理業者に依頼しました。(20代/女性/専業主婦)
  • 修理業者に連絡しました。メーカーに連絡しても結局そこから修理業者にたらいまわしにされるだけですから、最初から修理業者に話をするほうが早いですから。(40代/男性/無職)
  • 丁寧に対応してくださいました。どこがどうなっていたのかもよくわかりました。(20代/女性/パートアルバイト)
  • すぐに来てくれ、素早く修理してくれた。料金は結構かかったが。(40代/男性/会社員)
  • トイレが故障した時修理業者に連絡しているのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)
  • 自分でタウンワークで業者を調べて修理していた。今思えば大家がやるべき事なのにね。(40代/男性/無職)
  • すばやい対応で、すぐに来てくれました。修理にもあまり時間かからなかったです。(30代/女性/会社員)
  • 自宅のポストに修理業者のステッカーがポスティングされており、常に冷蔵庫に貼っていたため、その修理業者に連絡をしました。(20代/女性/会社員)
  • 公共住宅に住んでいるから、指定の業者を呼んで、無料でしてもらえました。電話1本ですぐ来てもらえました。(60代/女性/パートアルバイト)

【マンションのサポート窓口】

  • マンションの規定でトイレの故障の際にはそう決められているから(10代/男性/学生)
  • ハウスメーカーのカスタマーセンター等。そこから正規のきちんとした業者へ取り次いでくれる(30代/男性/自由業フリーランス)
  • 賃貸で管理料を支払っているので、まずはそのマンションの窓口に連絡をし、どうするべきか考える。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 水が詰まったので連絡したのですが、いわゆる「スッポン」を持ってきてくれて、シュポシュポしてくれました。(40代/男性/契約派遣社員)
  • 今、住んでいるのがアパートのため、今後のことを考えてサポート窓口がよいからです。(30代/男性/会社員)
  • 賃貸マンションなのでまずは管理会社に連絡をしてどうすればいいのか確認します(30代/女性/会社員)
  • 管理人が修理道具を持って修理してくれて費用なども一切かからなかった。(30代/男性/自由業フリーランス)
  • すぐに対応していただき、たいへん助かった。委託された修理業者の方も優しく親切だった。急な対応もしてますと、声をかけてもらえたので安心した。(40代/女性/自営業(個人事業主))
  • いまの住居に越してきて5年。いちばん初めに故障したときは不動産業者。すぐに提携先の業者に連絡してもらえた。(50代/女性/自由業フリーランス)
  • 最初に連絡した時には、何かはっきりしない態度だったと思います。(50代/男性/会社員)

【自分で修理した】

  • 自分で直すしかないです。トイレの修理業者は対応が悪く、ろくな業者がいなかった。(30代/女性/無職)
  • 人に入ってもらいたくなくて自分でやったのだが、費用がかかった(30代/男性/会社員)
  • 意外と簡単に出来そうだったので自分で説明書を見ながら直しました。(20代/女性/パートアルバイト)
  • タンクのチェーンが切れてしまい、自分でホームセンターで部品を買って修理しました。(40代/男性/専業主夫)
  • まずは自分で何事もやってみるタイプなので、どこがどうなってるかをよーくみて自分で修理しました。(40代/女性/パートアルバイト)
  • 詰まったり、水が流れっぱなしになったとしても、大抵ちょっといじれば直る。(20代/男性/学生)
  • トイレがつまって大変になった事がありますが自分で道具を買って処理しました。(30代/女性/専業主婦)
  • 水の詰まりは修理業者に頼みますが水漏れは10分でも待てないので自分で出来る範囲治します。(20代/男性/無職)
  • トイレがつまったときは、自分でホームセンターで買ってきたラバーカップを使用して修理しました。(30代/男性/自営業(個人事業主))
  • 今の所業者を呼ぶほどの大きな故障はなかったので自分で修理しました 程度の問題でしょうね。(50代/男性/会社員)

【身内に修理してもらった】

  • 祖父がある程度そのあたりの知識があるので手早く修理してもらった。(20代/男性/学生)
  • 今まで実家でそういったことがあった時には父親が修理していた。(40代/女性/専業主婦)
  • 故障したことがないので想像です。親に連絡して大家さんに連絡するように言われます。(20代/女性/会社員)
  • 夜中だったのでネットで情報を集めて、家族に修理してもらいました。(30代/女性/専業主婦)
  • 身内に詳しい者がいるので、だいたいのことは修理してもらっています。(20代/女性/学生)
  • 父親が修理を仕事でしているので、気楽に連絡できるし、優しく対応してくれた。(20代/男性/学生)
  • トイレに流してはいけないティッシュを流してしまい、父に連絡をして、父が恥ずかしながらお店からすっぽんを買ってきてしてくれました。恥ずかしがってた姿が可愛かった(30代/女性/自営業(個人事業主))

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問男女
■調査期間:2015年09月29日~2015年10月13日
■有効回答数:100サンプル

お気軽にお問い合わせください