冬の寒い浴室にご注意下さい!

11月も中旬になり冷え込んできましたね。
暖かいリビングから寒い脱衣所、そして冷えた浴室に入り熱いお湯につかる・・・
ここでは 「暖かい→寒い→暖かい」 という温度変化が急激にあるため、
人間の体は体温を一定に保とうと、血管が急激に収縮したり、
血圧も急激に上昇したり下降したり、または脈拍が早くなったりします。
このように温度変化が体に及ぼす影響のことを

「ヒートショック」

といいます。
心臓や脳に大きな負担がかかるため、特にご高齢の方や高血圧の方は注意が必要です!
この寒い浴室でヒートショックのため亡くなる方は なんと1万人以上ともいわれています。
では、このヒートショックをやわらげるためにはどうしたらいいのでしょうか。

◎脱衣所・浴室を十分に暖めましょう

脱衣所は暖房機、浴室は浴槽のフタをしばらく開けておくだけでも温度は上がります。

◎お風呂のお湯は38~40℃くらいの低めに

42~43℃の熱いお湯は、心臓に大きな負担がかかるためあえてぬるま湯にしましょう。

◎お年寄りの一番風呂は避ける

家族が入って浴室が暖まったあとに続けて入ることが理想です。
ヒートショック対策に浴室暖房乾燥機がオススメです

詳しくはお問い合わせください^^

お気軽にお問い合わせください