水アカができる理由とは?

水アカとは、主に 浴室・洗面台・蛇口・シンク・電気ポットの底などにできる白くこびりついた汚れのことです。

放っておくと、白く固まり落とすのが大変です。

 

水アカができる理由

水には、「ミネラル分」というカルシウムやマグネシウムが含まれています。
水を使うときに、水分は蒸発しますが、このミネラル分は残ったままになります。
残ったままのミネラル分が時間の経過と共に変化し固まったものが水アカです。

浴室でよく椅子やプラスチックの洗面器にこびりついているのは「石けんカス」です。
石けんカスとは、水に含まれるミネラル分と石けんが反応し、発生する「脂肪酸カルシウム」のことになります。

 

水アカの落とし方

水まわりの汚れは、アルカリ性のため酸性の洗剤が効果的です!
ですが、一般的に売られている洗剤は中性~アルカリ性のものとなっています。

では、酸性の洗剤とは?
身近なものではお酢やクエン酸になります。

 

オススメの方法は、「クエン酸パック」になります!

クエン酸パックのやり方は、まず水アカの部分に水に溶かして作ったクエン酸水をまんべんなく吹きかけキッチンペーパーでくるみます。

次に、その上からさらにクエン酸水を吹きかけ5分ほど放置します。

最後にぬらした雑巾で拭き取ります。

最後に拭き取るという作業は、拭き残しがあった場合に酸が残りサビを発生させたりする可能性があるからです。

クエン酸水、キッチンペーパー、ヘラを用意してクエン酸パックをやってみてください

水アカは、放置すればするほど落とすのが困難になる汚れです。
日頃からクエン酸パックなどを行い、こまめに掃除を行いましょう

お気軽にお問い合わせください