油汚れの落とし方!

油汚れというと、コンロなどの調理に使うものが代表的ですが、
それだけでなく家電製品や壁などの手アカも含まれているのです。
これは、私たちの皮脂によって作られています。
また、浴槽につく湯垢に含まれる皮脂も油汚れなのです。

さまざまな場所に存在する油汚れは放っておくとこびりついてしまい、掃除が大変になってしまいます。
そうならないための知識をご紹介していきます

油汚れは放置をすればするほどキレイにするのが大変になってしまう汚れです。
油汚れがついたまま放置すると、酸化しその上にほこりなどが付着するとあのドロドロ汚れになります。
コンロの場合は、付着したまま再び加熱をすることで固くなってしまい落としにくくなってしまいます。

つまり、油汚れを防ぐためには
普段の家事のついでに油汚れを拭き取ることが一番大切になります!
熱いうちならサッと拭き取ることが可能です。

普段のそうじでは、アルカリ性の重曹やアルコールをスプレーとしてふきかけるだけです!
コンロだけでなく、まわりの壁なども忘れずにふりかけましょう!

 

もし、がんこな汚れになってしまったら・・・

重曹水をスプレーしヘラをつかって磨きます。
換気扇のフィルターなどのパーツが取り外し可能なものは
過炭酸ナトリウムで煮洗いやつけ置きしましょう。

 

油汚れを落とすために使う道具

重曹水

アルカリ性の重曹は、酸性の油汚れをしっかり落とします。

過炭酸ナトリウム

アルカリ性が強いため、がんこな油汚れに効果的です。

キッチンペーパー

キッチンまわりは油はねが多いため、重曹水をかけパックをします。

手アカや湯アカはアルコール水をスプレーし化学ぞうきんで拭き取ります。
手アカは、手すりやドアノブなどさまざまな場所についていますので日常的にそうじを行いましょう

お気軽にお問い合わせください