設備機器は実物を見て触れてから決めるようにしましょう

実物を見ないで設備機器や建材を選んでしまうのは危険です!!
カタログなどでしか見ていないと実際に搬入されたときに「こんなものだっけ?」と後悔してしまうことがあります。
いったん発注したもの設備機器は交換ができないことが多いです。
そのため、事前に実物を見るためにショールームを活用することをオススメいたします。

20120907_oomiyasr

 

ショールームでは、各会社の最新商品を展示しています。
そこに行けばたいていの商品は見ることができます。
ショールームに行き、商品の実物を見て触れてみましょう。
係員の説明も聞くこともできます。
予約をとっておけば、ゆっくり話をする時間をとってもらえます。
そこでカタログを読んで分からなかったことを詳しく聞いてみましょう。

 

319387

 

もし、そこで気に入った商品があった場合はプランと見積もりをもらいましょう。
システムキッチンやシステムバスなどは、イージーオーダーな商品です。
サイズや色、素材などさまざまに組み合わせることができるのです。
その場で係員と相談しながら1つのセットを作り上げていきます。

 

283002

 

ここで覚えておいてもらいたいことが、ショールームは消費者に販売する場所ではないこと、見積もりはメーカー希望小売価格(定価)であることです。
すでに交渉しているリフォーム会社がある場合は、プランと見積もりをその会社に提示します。
リフォーム会社が決まっている場合は、その会社の担当者と一緒にショールームに行き、商品選びに協力してもらうのもいいでしょう。
結果的には、リフォーム会社を通して商品を購入することができます。

 

イナセ (株式会社伊奈石油)
埼玉県北足立郡伊奈町小室4706-4
電話:048-721-2775 FAX:048-721-2775
月−土9:00〜19:00

お気軽にお問い合わせください