お部屋をすっきり見せる収納の工夫とは?

お部屋の収納に悩んでいる方は多いでしょう。
ものが多くなると部屋が乱雑に見えてしまいがちです。
お部屋をスッキリきれいに見せるために、ただ片付けるというだけではなく隠す収納などの工夫について考え、より良い暮らしにつなげていきましょう。

0001

今ある収納を有効活用してみよう

多くのお宅には押入れなどの収納スペースがついていることでしょう。
ふすまを閉じてしまえば部屋の中はスッキリするというのが魅力ですが、奥行きが大きく普段出し入れする物の収納に使いにくいという事もあります。
デッドスペースになってしまうことも多い場所です。

そこで、入れるものに応じて仕切っていくという事が大切になります。

ただ積み重ねていくだけでは下のものが取りにくいので、内部に棚を作ったり、ケースを利用して出し入れがしやすい状態にしていくという形で工夫してみましょう。
スペースが有効利用できます。

普段の生活では見えない部分だからと言って気を抜かず、きれいに整えておくことで片づけもしやすくなりますし、欲しいものを取り出しやすくなるのです。

隠し収納と見せる収納を使い分けて

キッチンは毎日利用するところですし、食べ物を扱うところなのでスッキリきれいにしておきたいものですね。

しかし、毎日の食事作りで使う道具や材料など、しまうものも多いため、どうしても乱雑になってしまいがちな場所でもあります。
こうしたところは隠し収納と見せる収納を使い分けることが大切になります。
良く使う道具などは見せる収納としてフックでつるして取り出しやすくすると使いやすくしまいやすいのでお勧めです。
細かいものは隠し収納を使うとキッチン全体がスッキリします。
床下収納や作り付けの棚など、リフォームによって収納スペースを増やしていくこともできます。

収納扉の裏などもフックや棚で収納スペースにすることもできるので、リフォームの際にはこうしたポイントについて収納力アップを検討してみましょう。

お部屋のいたるところで隠し収納を

リビングなどのお部屋もモノがあふれてしまいがちなところです。
スッキリ綺麗に収納すると、お客様が着ても胸を張れますし、日々の生活でもリラックス度が高まります。
家具などに隠し収納の機能が備えられているものもあるので、そういったものを取り入れていくのもよいです。

ソファーや椅子の内部が物をしまうスペースになっているものも販売されているので、収納スペースが少ない場合はこうしたものを取り入れましょう。

また、棚などにモノがたくさん詰まっていて乱雑に見える場合は、きれいな布を目隠しとして利用したり、インナーボックスを使って外から見えなくするという形でスッキリしたお部屋に仕上げるという事が可能です。

大きなリフォームが可能なら、お部屋にマッチした作り付けの収納を取り付けてもらうのも効果的です。

お気軽にお問い合わせください