失敗しないためのリフォーム業者の選び方のポイント

新築よりも費用は安いのでリフォームを行う方も居ます。
しかし業者選びは重要です。
何処の業者が信頼出来るのかどうかになると、判断が難しくなります。
ただ、業者を選ぶ時に外せないポイントを押さえていれば、失敗の可能性を低く出来るでしょう。

0001 (1)

資格や許認可があるかどうかをチェック

費用の安さを考えてリフォームをしたいと決断をした時、次に考えなければならないのは何処の業者に任せるかという事です。
数多くのリフォーム業者が存在しています。

そこから良い業者かどうか判断するのは、知識が無ければ難しいかもしれません。
逆に良いかどうか判断する知識を持っていれば怖がる必要は無いのです。
最低限チェックしておきたいポイントがあります。

それは、法人登録や、建設業の許可や資格があるかどうかです。

実は500万円以下しか費用がかからないなら、認可が無くてもリフォームが出来ます。
そのため許認可を受けていなくても、リフォームを行っている業者も少なくありません。

しかしその後のメンテナンスのことや保証を考えると、許認可を取っている会社を選ぶ方が無難です。

企業規模や価格や見積もり内容に注意

リフォーム業者を選ぶ際には企業規模があった方が安心出来ます。

リフォームを行った後も、施工をしてくれた業者とは長い付き合いをしなければなりません。
保証やメンテナンスがあるからです。
業者が倒産をすればメンテナンスや保証が無くなります。
価格も気をつける必要があります。
見積書の内容に曖昧な点が無いかどうか確認をしなければなりません。
外装塗装をするとします。

しかし塗装以外にも、下地の補修や関連する工事をしなければなりません。
全てを塗装工事でまとめてしまい曖昧な見積もりになっている事もあります。
項目ごとに分けて価格を書いている所は自信があり信頼も出来ます。

豊富な経験があるかどうかも重要な選択ポイントです。
経験が無い所よりもある方がリフォームについてのノウハウと柔軟性を持っています。
そのため失敗の可能性が低いです。
業者を選ぶ時には、リフォーム経験がどれだけあるかチェックが必要でしょう。

実績があった方が良い理由

リフォーム業者選びをする時、価格ばかりで判断をしてはいけません。

今後もリフォームした家や建物で生活をする事になります。
だから責任を持って、質の高い施工を行ってくれる所を何よりも優先して選んだ方が良いです。

過去にどれだけの実績があるのかチェックする事も重要でしょう。
年間で10件しか工事をしていない所より、それ以上に工事を行っている業者の方が、技術面でも社内システムでも高いレベルを持っています。

メーカーとのパイプもある所も多いですし、場合によっては、メーカーからの支援もあります。

そのため、リフォーム実績が無い所より、施工内容の結果が大きく違って来るので信頼出来ます。
家が古くなれば、水周りも悪くなります。
床など底が抜ける事もあるかもしれません。

地震も怖いです。予算を抑えて問題を解決したいならリフォームが良いでしょう。

本当に良い業者を選ぶポイントを抑えれば失敗を回避出来ます。

お気軽にお問い合わせください