「節水トイレ」メリット

トイレで使用される水は、一般家庭では水道使用量の約28%を占め、これは最も多い使用用途です。よく知られる節水対策として、節水グッズの活用などがあげられますが、水量が減ることで十分な洗浄や排泄物の排出がなされず、最悪の場合、配管詰まりや故障の原因ともなりかねません。

そこで、十分な洗浄能力を維持し、かつランニングコストを抑えるには節水型のトイレの採用が最も効果的です。

少ない水で、しっかり便器を洗浄

ネオレストの場合は、一回あたりの洗浄水量がわずか3,8L(床排水の数値。壁排水は4,8L)。13L便器からおよそ1/3、8L便器からおよそ3/5と、大幅な節水を実現しました。毎日普通に使っているだけで、いつの間にか大きな節約効果があります。

年間の電気料金を大幅ダウン。多彩な節電方法。

1日のうち、トイレを使用している時間は約50分(4人家族の場合)。ネオレストの場合は、待機時の保温電力を抑えることで、電気料金を大幅に節約できます。

瞬間暖房便座

センサーが人の動きを検知し、使用するときだけ便座をあたためます。待機時の保温電力をおさえました。

タイマー節電・おまかせ節電

「タイマー節電」は、一度設定すると、毎日同じ時刻に便座のヒーターを自動でオフ。節電時間は、6・9時間から選択できます。また、「おまかせ節電」で、」トイレの使用頻度を記憶し、使用が少ない時間帯は便座の温度を自動的に下げて節電します。

スーパーおまかせ節電

トイレの使用頻度を記憶し、全く使用しない時間帯は便座のヒーターを自動的に切ることで、さらに節電します。

TOTOレストルームカタログ

イナセでは、トイレ交換の際にはほとんどのお客様が「節水トイレ」に変えています。いつも通りに使っているだけでとっても経済的、環境にもお財布にも優しい節水トイレ、お客様の暮らしにあったトイレをご提案させていただきます。店頭ショールームにも展示しておりますので、交換をお考えのお客様はぜひお気軽にご来店ください。