どこの家庭でもありがちなキッチンの悩みとは?

毎日のお料理作りや後片付けを行うキッチンは、せまい面積の割には収納がとても多い場所です。
調理器具や電化製品などサイズや形が違うものがいっぱい。
特に家族が増えると食器やお鍋の数も増えて、外に出しっぱなしということもよくありますよね。
日々の使いやすさはもちろん、突然の来客に慌てないようなキッチンにしたいものです。
ここでは悩めるキッチンでありがちなことを挙げてみました。
0001 (1)

使いづらいキッチンの要素とは?

キッチンは主婦が毎日料理をするお城のようなもの。
ですが意外と使いづらいキッチンで悩んでいる主婦の方も多いのが事実です。
コンロの数が少なくて調理に時間がかかったり、シンクが狭くて洗いづらいなど、これではせっかくの自分のお城が戦場になってしまいます。
特に洗ったものを置く場所がないというのは辛いですね。
シンクの高さも重要です。
自分の背の高さに合っていないと腰をかがめて洗い物をすることになります。
せっかく美味しい料理を作るのに腰が痛くなったり疲れたりするのでは、毎日料理を作るのが苦痛になってしまいます。
シンクの深さも大事なポイント。
浅いシンクは洗い物をするときに水がバシャバシャはねるし、深めの鍋は蛇口につっかえて破損の原因になってしまいます。

使いやすさを考えた間取りはキッチンを広くする?

何も置かれていないキッチンは、広々として料理がしやすいですよね。
でも実際は、めったに使うことがない調味料や鍋がずらりと並んでいるのではないでしょうか?
引き出しや吊り棚など、使うときにすぐ取り出せるような収納スペースがあると便利ですね。
収納を考えたキッチンは広々として使いやすさも抜群のはずです。
ただ気を付けたいのが間取りです。
いくら収納の引き出しが多くても、出した状態で自分が動けなくなるような広さでは使い勝手が悪いです。
その他にコンロの位置も重要。
右利きの人のコンロの位置は右側が良いとされています。
右利きの人はフライパンを扱うとき、左手で持ち右手で炒めますよね。
これが右側だと一歩二歩回り込んで調理をしなくてはいけません。
使いやすさを考えた間取りは、キッチン空間を広々とし料理を楽しく効率的に作る重要な要素といえます。

どうしても解決しないキッチンはプロに相談をしてみる!

衣食住の中で、食の部分を支えるキッチン。
あまりたくさんのスペースを割けない空間だけに、シンクやコンロ・収納家具など最低限の設備を備えたうえで、動きやすく使いやすい場所にすることが毎日の料理作りを楽しくポイントです。
かといって新たに食器棚や収納棚を買うのでは、さらにスペースを狭くする恐れがあります。
最近は狭いダイニングキッチンをリフォームして、一部屋のロングダイニングキッチンにしたり、家の間取りに合わせてシステムキッチンを取り付ける人も増えています。
使いづらさが解決しない・良いアイデアが思い浮かばないという方は、新しい家具を購入する前に一度リフォームを専門にする業者に相談をすることも解決への近道かも知れません。

 

イナセ のリフォーム(株式会社伊奈石油)
http://inase.info/
電話:048-721-2775 FAX:048-721-2775 
埼玉県北足立郡伊奈町小室4706-4 
月−土9:00〜19:00 
イナセのリフォームは、蓮田、上尾、伊奈町で地域密着の住宅設備の販売、施工、メンテナンスを得意としております。 
水のトラブル、水回りリフォームでお悩みの方は、なんなりとご要望などご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください